広島青年ユニオンへGO!
もっと詳しく知りたい方はこちら↓
無料でメール労働相談も受付中!
ブログRanking 応援クリックを!
広報手段の一つとして 地域のブログランキングに登録しています。 応援の気持ちを1日1クリックに!

ブログランキング・にほんブログ村へ よろしくお願いします。
RECOMMEND
労働CALLING
労働CALLING (JUGEMレビュー »)
怒髪天,増子直純
こんな日本に誰がした〜
と働きすぎ日本を嘆いてくれています
RECOMMEND
生きさせろ! 難民化する若者たち
生きさせろ! 難民化する若者たち (JUGEMレビュー »)
雨宮 処凛
生き辛さに悩んでいる人は、ぜひこの本を読みましょう
RECOMMEND
世界から貧しさをなくす30の方法
世界から貧しさをなくす30の方法 (JUGEMレビュー »)

本屋で目にして買ってしまいました。やるべきことはいくらでもある。貧しさを生む構造は明らかに富を奪っている”誰か”がいるとわかる本。自分たちも消費社会の中でその一人となっているわけだけど・・・。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

「蟹工船」がなぜいまベストセラーなのか?…いまの日本
で現実に起きている過酷な労働実態のリポートを告発したこの本の内容は、まさに蟹工船と重なります。現在進行形の問題だと思い知らされる一冊です。
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

広島青年ユニオン★メンバーズブログ

広島青年ユニオンのメンバーたちが、気ままに情報発信・意見交換するブログです。メンバーの様子がチラっとわかるほか、若い世代が"弱者"に陥りやすい社会構造の問題を訴えたりもします。メンバーではない方もコメントどうぞ。
<< 仕事をやめろと言われたら・・・ | main | 時給700円突破! 最低賃金 704円(広島県) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
経済成長すれば暮らしは良くなるのか?
JUGEMテーマ:お仕事

昨年の総選挙で、日本は政権交代とゆーヤツをしました。

ま、民主党のマニフェストにもいろいろ書いてあったので、これくらいはやってくれるもんだという期待があったのですが、事業仕分を中心に天下りにメスを入れていくという以外は、期待した分野での改革とやらは全く見られてません。

それどころか、経済産業省が法人税減税を盛り込んだ今後の経済成長戦略なるものを発表し、
その直後から消費税の増税議論が湧いてきて、第二自民党の本性が出てきたゾって感じ。

 菅 新政権の発足にあたり 6月7日の報道ステーションに出演した浜矩子同志社大学教授が、「増税しながら経済成長を」といった管さんの発言に「それならば逆進性の消費税の増税は論外で、法人税の増税やいわゆる金持ち増税を行うべきだ」と述べ、そうだ!そのとおり!と思って見ていましたが、なかなかこういうマトモなことをテレビでコメントしてくれる方がいないのが残念です。
 すぐに、財源がないから消費税増税という企業本位の世論誘導に、多くの人が惑わされています。

 そもそも、正規雇用労働者を非正規雇用に置き換えて、労働者賃金は下がり続けるなかでも、利益を上げ続けたのが、小泉構造改革がもたらした「経済成長」です。
 数字上の景気回復はあったけど、庶民の暮らしは回復するどころか悪くなるばかり。

 そりゃ、携帯のグレードは上がったし、プレステは3になったし、Wiiも出たし、ネットの接続速度も倍加したし、いろいろ便利になった部分もあるけど…年中仕事を探している知りあいも増えた。お金がなければ、将来への展望が持てない国になった。

 少し話がそれました。すみません。
 労働者の所得が削られて、それが一部の持てる人たちに集中し、ホリエモンみたいな方がたくさん世に登場。お金持ちや勝ち組企業の間では、お金が有り余り、マネーゲームにいそしむことに。
労働者の生活を支えていた賃金が、負ければ泡と消えるゲームに費やされていきました。

 その結果が、2008年のアメリカ発の世界金融危機だったわけです。

 経済成長第一で、企業に巨大な権力と資金を持たせていて、その経済活動を中心に世界のいろんなことが動いていて・・・何か失敗があると世界中が混乱と犠牲を強いられる。売れればよしで資源をどんどん消費し、地球温暖化防止も進まない。そんな世界でいいのでしょうか?

 やるべきことは、GDPの数字がどうであれ、日本のなかで仕事をつくりだし、みんなが生活できる社会を再構築することです。
 仕事をして生活できる人が増えれば、モノを買う人、税金や社会保障費を払う人が増える、結果としては数字もついてくるはずです。

 成長によって暮らしを良くするという考え方は、もう、この20年くらい成功していません。

 暮らしを良くして経済をよくするという、逆順の考え方に転換しなければダメだと思います。

 それが、外需(外国への輸出)に頼った政策だったために、大打撃を受けてしまった経済危機の教訓だと私は思います。 


 言うまでもありませんが、このごろ自民党から分裂してブーム?の「新党」も第3・4・・・・7・8自民党に過ぎません。特に公務員バッシングで人気とりしている党なんか、これっぽっちも労働者目線を感じません。
| 意見・アピール | 20:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 20:19 | - | - | pookmark |









http://seinen-u.jugem.jp/trackback/107